朝日酒造

天保元年(1830年)久保田屋の屋号で創業。新潟県の中部の中越地方に位置する、長岡市朝日に蔵を構えている。大正9年(1920年)朝日酒造株式会社に法人化し家業分割の当時から品質第一を家訓として、今日までその姿勢を貫いている。創業以来、越路の豊かな自然環境を生かしながら清酒を醸し続けています。特に清冽な水と良質な米は酒の命です。これらを育む豊かな自然環境を守るために地域とともにホタルやモミジの里づくりなどの自然保護活動の取り組みも行っています。

品質本位の酒造りを心掛け、「酒の品質は酒米の品質を超えられない」これはかつて朝日酒造の杜氏が語った言葉です。朝日酒造では「酒造りは米作りから」を合言葉にとことん酒米にこだわりながら、時代の先端をゆく設備環境と連綿と続いてきた伝統の技をもって酒を醸しています。

  • 主な商品 :
  • 所在地 :